0

キヤノン、APS-Cピクチャ専用マイクロを発表:R 7は裁断なしの4 K 60 P R 10入門カバー6399件をサポート

新浪デジタルニュースは5月24日、キヤノン(中国)有限会社がEOS RシステムAPS-C画幅専用マイクロカメラEOS R 7とEOS R 10、RF-Sレンズ2本の新製品RF-S 18-45 mm F 4を発表した。5-6.3 IS STMとRF-S 18-150 mm F 3.5-6.3 IS STM 。その中で、キヤノンEOS R 7ボディの市場提案小売価格は8999元で、EOS R 10ボディの市場提案小売価格は5399元です。

EOS R 7サイズは約132.0 mm×90.4mm×91.7 mm、重量約612 g

EOS R 7とEOS R 10はキヤノンEOS Rシステムが発表して以来初めてのAPS-Cピクチャ製品で、EOS R 7とEOS R 10の有効画素はそれぞれ約3250万と約2420万に達し、DIGIC X画像プロセッサを搭載し、デジタルレンズ最適化機能をサポートし、カメラは自動的に写真やビデオの詳細表現を改善することができる。

p>

ビデオ撮影では、EOS R 7は裁断なしの4 K 60 Pと7 Kスーパーサンプリング4 K 30 Pビデオ撮影をサポートし、EOS R 10は裁断された4 K 60 Pと6 Kスーパーサンプリング4 K 30 Pビデオ撮影をサポートしています。また、両機種とも4:2:2 10 bit HDR PQ記録モードに対応しており、EOS R 7を利用すると4:2:2 10 bit Canon Log 3ガンマ映像を記録することもできます。

EOS R 10サイズは約122.5 mm×87.8mm×83.4 mm、重量約429 g
写真撮影では、EOS R 7の電子シャッタ下の最高連写枚数はEOS R 3と同じ30枚/秒に達し、EOS R 10も電子シャッタ下の最高23枚/秒の高連写速度に達した。両機種とも第2世代の全画素デュアルコアフォーカス技術を踏襲し、RAW連写モードでの0.5秒の事前撮影機能を追加した。0.5秒の事前撮影は、鳥が突然飛び立ったときなど、シャッターを開放する0.5秒前の画像を記録することができる。

EOS R 7とEOS R 10は、EOS R 3のEOS iTR AFX(インテリジェント追跡と識別)システムに沿って、深さ学習技術に基づいて開発された検出アルゴリズムを応用し、高密度オートフォーカス誘導画素を使用して被写体を広範囲に検出し、追跡することができる。被写体を検出すると、651個まで精密に分割されたオートフォーカス領域内で被写体を捉え続けます。人物の目、顔、頭、体を正確に識別できるだけでなく、猫、犬、鳥の目、頭、体を識別することができ、レーシングカーやモーターレーシングカーの全体や局所(ドライバーヘルメットなど)を識別することもできます。

EOS R 7はボディの5軸手ブレ補正をサポートし、EOS R 7と手ブレ補正機能付きRFレンズを組み合わせて使用すると、最高手ブレ補正効菓は8レベルに達することができます。また、キヤノンはAPS-CピクチャCMOS画像センサが全ピクチャ画像センサよりも小さいという特徴を利用して、EOS R 7に自動水平キャリブレーション機能を与え、カメラ画像センサはカメラの傾斜状況に応じて写真やビデオの傾斜方向を自動的に調整することができる。