0

キヤノンEOS R 7とR 10カメラの新製品の上手な体験

キヤノンは新製品発表会を開き、EOS RシステムのキヤノンEOS&nbspを含む4つの重量級製品をもたらした。R7、EOS R 10マイクロシングルカメラ、およびRFレンズシステムのRF-S 18-45 mmF 4.5-6.3 IS STMとRF-S 18-150 mmF 3.5-6.3 IS STM。発表会の現場で、私たちは簡単にこれらの新製品を体験して、それからみんなにいくつかの上手な体験を持ってきます。

キヤノンEOS R 7とEOS R 10マイクロシングルカメラ

cms-style=”font-L isIntable”>キヤノンEOS R 7:小柄大内容

img class=”alignnone size-full wp-image-3243″src=”https://www.rrer.top/wp-content/uploads/2022/05/059c-b22206f1cb965ac4ec38a5405eea50f0.jpg” width=”640″ height=”427″ alt=”” />

キヤノンEOS R 7

キヤノンEOS R 7の3250万画素APS-Cピクチャセンサ

cms-style=”font-L isIntable”>キヤノンEOS R 7はAPS-Cピクチャマイクロシングルカメラであり、画素数3250万のAPS-Cピクチャセンサ設計を搭載している。これは現在のAPS-Cピクチャの最高画素であり、これまでキヤノンEOS 90 D一眼レフとEOS M 6 Mark IIだけがこの画素仕様を持っていた。EOS R 7はキヤノンEOS R 3、EOS R 5、EOS R 6と同じDIGIC Xプロセッサを採用している。

cms-style=”font-L iss Intable「>セットを探すことができて、キヤノンEOS R 7はその繊細な細部解析力をもたらすことができて、同時に強大な処理能力を持っているので、その製御ノイズ、全画素二重核焦点システムに必要な計算力を十分に満たすことができて、しかもその電子シャッターの下で最高30枚/秒の連写速度と機械シャッターの下で15枚/秒の連写速度をサポートすることができます。

img class=”alignnone size-full wp-image-3245″src=”https://www.rrer.top/wp-content/uploads/2022/05/9558-9d507149b50d86b1841da85595eca7f5.jpg” width=”640″ height=”427″ alt=”” />

キヤノンEOS R 7の上部

キーレイアウトの麺では、キヤノンEOS R 7は現在のEOS Rシステムカメラと一定の違いがある。EOS R 7の電源投入ボタンは単独でビデオモードを区別し、ビデオ録画もEOS R 7の強みであることを説明する。EOS R 7は裁断のない4 K 60 Pと7 Kスーパーサンプリング4 K 30 P高画質ショートムービー記録をサポートし、4:2:210 bit HDR PQ記録モードをサポートし、より高輝度とより広い色範囲を持つ高画質映像を記録することができる。また、EOS R 7はキヤノン4:2:2 10 bit&nbspをサポートしています。C-Log 3曲線は、色調整と後期により多くの空間をもたらします。

キヤノンEOS R 7の背面

cm s-style=”font-L isIntable=”「>キヤノンEOS R 7の背面の変化も明らかで、SETとQボタンが結合され、周囲のボタンも新しい造形です。最も注目されているのは、ファインダーの右側にある新しい速度製御ダイヤルの設計です。ダイヤルとスイングレバーを組み合わせています。速度製御ダイヤルは一般的に露出補償を調整したり、オートフォーカス領域を切り替えたりするために使用されています。小さな指の動きでオートフォーカス領域を切り替えたり、フォーカスを移動したりすることができます。画像を再生するとき中央のレバーを押して画像を拡大することができ、レバーを動かすことで移動拡大位置を製御し、速度製御ダイヤルで画像を切り替えることができます。

また、キヤノンEOS R 7のファインダーにも優れたデザインがあります。キヤノンEOS R 7は光学ビューシミュレーションビュー補助機能を備えており、実際の体験は光学ビューファインダに近い。キヤノンEOS R 7は約236万点の電子ビューファインダー設計を採用し、1.15倍の拡大倍率と33度の視野角を備えているため、より良いビューイング体験をもたらすことができます。

キヤノンEOS R 7のタッチフリップスクリーン

キヤノンEOS R 7のダブルカードスロット設計

cm s-style=”font-L isIntable”>カードスロットが便利で、キヤノンEOS R 7は2重SDカードスロットを設計し、拡張またはバックアップを選択して、データの安全を保証したり、私たちの撮影空間を拡張したりすることができます。

img class=”alignnone size-full wp-image-3249″src=”https://www.rrer.top/wp-content/uploads/2022/05/69da-56778356a2f814ef443aa787f93b2e3d.jpg” width=”640″ height=”427″ alt=”” />

キヤノンEOS R 7のバッテリ

バッテリの部分、キヤノンEOS R 7にはEOS R 5、EOS R 6と同じLP-E 6 Nバッテリが搭載されている。このバッテリの航続能力はよく表れており、電子ファインダーを使用する:23℃時の電気モードは約500枚/流暢モードは約380枚;背面液晶モニターを使用する:23℃時の電気モードは約770枚/流暢モードは約660枚。そしてこのバッテリはUSB Type-Cインタフェースの充電をサポートしており、タイムリーにカメラの電気量を補充し、昇航続能力。

キヤノンEOS R 7

cm s-style=”font-L isIntable”>キヤノンEOS R 7の本体重量は約612 g(電池、メモリカード1枚を含む)、または約530 g(本体のみ)。この重量はマイクロシングルカメラの中で中程度のレベルで表現されており、軽量化と性能のバランスを十分に満たすことができ、携帯して外出しても重量圧力はありません。

キヤノンEOS R 7の本体の希望小売価格は8999元で、RF-S 18-150 mmレンズを含むカバーの希望小売価格は11399元で、2022年6月下旬に発売される予定です。キヤノンEOS R 7は、写真の達人、写真家の予備機、Vlogショートビデオユーザーなど、軽量、画質、ビデオ能力、焦点合わせ能力、手ぶれ防止レベルに同時にニーズのあるユーザーに適しています。

キヤノンEOS R 10:真“マイクロ”シングルカメラ

img class=“alignnone size-full wp-image-3251”src=“https://www.rrer.top/wp-content/uploads/2022/05/de76-36e38b2db57fefb48335a99b8c2e71e2.jpg” width=”640″ height=”427″ alt=”” />

キヤノンEOS R 10

p cms-style=”font-L isIntable”>キヤノンEOS R 10は本当の”マイクロ”シングルカメラで、その重さは約429 g(バッテリとメモリカードを含む)または約382 g(本体のみ)しかありません。この重さは現在のマイクロシングルカメラ市場で十分な競争力を持っている。やせこけた女性ユーザーでも、キヤノンEOS&nbspを持っています。R 10も楽ですが、同時に長時間背負ったり、高強度で撮影したりするのも楽です。

キヤノンEOS R 10のセンサー

cm s-style=”font-L isIntable=”

キヤノンEOS R 10は同じくAPS-C画幅のマイクロシングルカメラであり、2420万画素のAPS-C画幅センサ設計を備え、現在のAPS-C画幅の平均レベルである。キヤノンEOS R 10もDIGIC Xプロセッサを搭載しているため、強力な全画素デュアル照合焦点システムに必要な計算力を処理することができ、同時に電子シャッター下で23枚/秒の連写速度、機械シャッター下で15枚/秒の連写速度にも対応できる。

キヤノンEOS R 10の上部

キヤノンEOS R 10の上部設計はEOS R 7と大きな違いがあり、同様にユーザーの日常的な操作需要を満たすことができる。機能ダイヤル、2つのダイヤルはユーザーが迅速に設定と調節パラメータを切り替えるのを助けることができる。同時にビデオ録画ボタンも機体の上部に設計され、キヤノンEOS R 10は裁断された4 K 60 Pと6 K超サンプリング4 K 30 P高画質短編記録をサポートし、4:2:210 bit HDR PQ記録モードをサポートする。

img class=”alignnone size-full wp-image-3254″ src=”https://www.rrer.top/wp-content/uploads/2022/05/8845-636ccfa2f589889ae1ee57f37f4409dd.jpg” width=”640″ height=”427″ alt=”” />

キヤノンEOS R 10の背面

cm s-style=”font-L isIntable=””>キヤノンEOS R 10の背面にはパーティション化された組み合わせボタンが設計されており、ユーザーがパラメータを迅速に調整し、設定を変更するのに適しているロッカーバーもあります。本体が軽量なため、キーレイアウトはコンパクトですが、キーのサイズ設計はユーザーが押すニーズを満たすことができます。

cms-style=”font-L isIntable「>キヤノンEOS R 10は光学ビューシミュレーションビュー補助機能を備え、ファインダー画像は明るくて階層があり、実際の使用体験は一眼レフカメラの光学ファインダーにより近い。キヤノンEOS&nbsp