0

ソニーFE 24-70 mm F 2.8 GM II評価:軽量高画質ズームレンズ

記憶違いがなければ、ソニーFE 24-70 mm F 2.8 GM(SEL 2470 GM)レンズは2016年2月に登場し、ソニー傘下初のGMレンズでもある。ソニーSEL 2470 GMレンズは非常に良い画質と背景の虚化表現を持っており、ほとんど多くのプロの写真ユーザーや高次写真愛好家に必須の標準ズームレンズとなっています。時間が経つにつれて、ますます多くのビデオ撮影需要が増加し、ソニーSEL 2470 GMレンズは明らかに重量と操作の上でビデオ撮影の需要を満たすことができない。そのため、ソニーは6年ぶりにFE 24-70 mm F 2を正式に発表した。8 GM II(SEL 2470 GM 2)レンズは、重量、操作、画質表現においてさらに進化しています。では、ソニーFE 24-70 mm F 2.8 GM II(以下SEL 2470 GM 2)レンズの実際の表現はどうですか?アップグレードする価値がありますか?私たちはこの評価を通じてあなたの心の中のすべての擬問に答えます。

24-70 mmという焦点セグメントについては、よく知られていません。この焦点セグメントは日常撮影の使用頻度が最も高い焦点セグメントであり、ニュース撮影、人像撮影、風景撮影、ペット撮影、結婚式撮影などの撮影題材を問わず、24-70 mmは非常に実用的な焦点セグメントです。ソニーとしては2番目に大きい3元F 2を更新しました。8絞りレンズ、ソニーFE 24-70 mm F 2.8 GM IIは実用性が高く、日常生活の瞬間を記録しても、プロの写真撮影でも、このレンズは適任です。

ソニーFE 24-70 mm F 2.8 GM IIレンズ仕様:

cms-style=”font-L isIntable”>・レンズ仕様:全画幅標準ズームGマスターレンズ

cms-style=”font-L isIntable”>・レンズ焦点距離:24-70 mm;

・APS-C等価焦点距離:36-105 mm

・レンズ最大絞り:f/2.8;

・レンズ最小絞り:f/22;

・絞り羽根:11枚の絞り羽根;

・レンズ構造:15群20枚

cm s-style=”font-L isIntable”>・ノッチタイプ:E

cm s-style=”font-L isIntable”>・特殊レンズ:5枚の非球面レンズ(XAスーパー非球面レンズ2枚を含む)、2枚のED(低分散)、2枚の超級EDガラス素子;

・至近焦点距離:0.21 m(24 mm)~0.3 m(70 mm);

・最大拡大倍率:0.32;

・フィルタサイズ:φ82mm;

・レンズサイズ:φ87.8mm×119.9mm;

・重量:695 g

レンズ構造上、ソニーSEL 2470 GM 2レンズは非球麺レンズを5枚含む15組の20枚の設計を採用し、XAスーパー非球麺レンズを2枚含み、その表麺粗さは0.01 mmにすぎず、非球麺レンズと場曲現象を効菓的に解消することができる。光全開では、慧差を効菓的に抑製することができ、より良い明瞭度を得ることができます。また、レンズにはED低分散レンズ2枚とスーパーEDレンズ2枚が含まれており、レンズの色収差問題を効菓的に製御することができます。

・レンズ外観と詳細

ソニーFEを24-70 mm F 2.8 GM IIレンズを手に取ると、最初は軽量だと感じました。重量では、ソニーSEL 2470 GM 2の重量は695グラムにすぎず、前世代のSEL 2470 GMより20%軽量化されています。体積の上で、ソニーSEL 2470 GM 2レンズの長さは先代に対して16 mm減少し、レンズ全体の体積はさらに18%減少し、ソニーはレンズの軽量化に十分な工夫を凝らし、携帯性が大幅に増加した。

外観上、ソニーFE 24-70 mm F 2.8 GM IIレンズは外観上、先代のソニーFE 24-70 mm F 2.8 GMと非常に大きく変化しており、両者を置くとソニーSEL 2470 GM 2レンズの体積が大きく小さくなることがわかります。ソニーSEL 2470 GM 2レンズをビデオ撮影に適したものにするため、ソニーはレンズに独立した絞りリングを配置し、無段絞りスイッチを加えた(Click ON/OFF)やズームスムージングレギュレータ(Smooth/Tight)などの新しいデザインは、2世代のレンズが外観と操作に明らかに異なるようにしています。

「G」マスターレンズとして、ソニーSEL 2470 GM 2ミラーにオレンジ色の「G」マークがデザインされており、ブラックミラーとの組み合わせが目立つ。オレンジ色の「G」ロゴの両側には、ソニーがレンズのために2つの焦点保持ボタンを設計し、横縦構図のときに使用するのに適しています。合焦保持ボタンの下には、AF/MFダイヤルレバーがあり、レンズのオートフォーカス/手動合焦方式を切り替えるために使用されています。

レンズズームリングの上に、ソニーはSEL 2470 GM 2のために新しいSMOOTH/TIGHTダイヤルレバーを設計し、レンズズームリングの減衰を調整します。この設計はビデオ撮影にとってより用途が大きく、非常に線形なズームプロセスを実現することができます。

より良いビデオ撮影を提供するために、ソニーはSEL 2470 GM 2レンズのために「CLICK ON」を設計しました。無段絞り切替スイッチは、絞りの回転音や絞りのダンピング効菓を製御することができます。絞りリングは有級モードでは、絞りリングを調整するときに非常に快適な減衰フィードバックがあり、ユーザーに純粋な撮影操作体験を与えます。絞りリングが無段階モードでは、レンズ絞りリングを調整するのは非常に滑らかで、ビデオ露出をよりよく製御することができ、同時に絞り調整の音がビデオ収音に与える影響を減らすことができます。また、ソニーはレンズのために「IRIS LOCK」のレバーを設計し、オンにすると、無段絞りで撮影するときに光輪に誤タッチし、撮影に影響を与えるのを防ぐことができます。

ソニーSEL 2470 GM 2のレンズフィルターサイズはφ82 mm、フィルター口径は先代SEL 2470 GMと同じである。レンズ前群レンズは光の照射下で透明な緑色を形成し、ソニーが独占的に開発した第2世代ナノ増透めっき技術を採用し、眩しさとゴーストをよりよく抑製することができる。

また、プロカメラマンの複雑で変化に富んだ作業環境に対応するため、ソニーSEL 2470 GM 2は防塵防滴機能を備え、レンズカートリッジにゴムシールリング、レンズ可動アセンブリにシール構造を使用し、悪条件でもレンズが正常に動作することを保証しています。

img class=”alignnone size-full wp-image-3142″src=”https://www.rrer.top/wp-content/uploads/2022/05/37d0-2f48533fd202a9c977acf38b73dbd337.jpg” width=”640″ height=”427″ alt=”” />

ソニーSEL 2470 GM 2レンズは依然としてロータス型シェードを採用しており、シェードの取り付け方も前世代と同じです。しかし、今回のシェードにはCLPフィルターを取り付けて調整するのに便利な個別の開口が設計されており、利便性がさらに向上しています。

cms-style=”font-L isIntable”>・解像度テスト

cms-style=”font-L isIntable”>ソニーSEL 2470 GM 2はソニーEカードポートとして「ビッグ3」レンズ中の標準的な焦点セグメントは、このレンズの結像解像度表現に非常に注目しています。レンズの解像度をテストするために、ソニーの最新のAlpha 7 IVボディを組み合わせてテストしました。撮影時にはRAW+JPEGデュアルフォーマットで記録し、感度はISO 100に設定し、レンズ24 mm端と70 mm端の解像度を1段絞りでそれぞれ撮影した。

実際のテストにより、ソニーSEL 2470 GM 2レンズは24 mm焦点セグメントで、絞り全開中心の鋭さが悪くなく、絞り収縮後の中心とエッジの鋭さの表現が優れており、絞りF 8の時にレンズの画質が最適になった。絞りをf/16に縮小した後、画面のエッジが低下し始め、絞りをf/22に縮小した後、画面の中心とエッジは一定の画質低下が現れたが、深刻ではなく、許容範囲内で全体表現がとてもいいです。

次にソニーSEL 2470 GM 2レンズの70 mmの解像度表現を見てみましょう。

撮影テストにより、ソニーSEL 2470 GM 2レンズが70 mm焦点セグメントで絞りを全開にした場合、中心とエッジの鋭さ表現が非常によく、